話し上手は世渡り上手!みんなに愛される人気者になろう!

Pocket

話し上手は得をする?!

新年度が始まる4月になってくると、環境がガラリと変わる人も多いかと思います。

小中高大に入学する人や学年が上がってクラスが変わったり転校したりする人…

新社会人として会社に入社する人や転職して新しい職場に変わる人…

引っ越しをして新しい近所付き合いが必要となってくる人…

など、環境が変わると初対面の人と挨拶をしたり会話をしたりすることが多くなります。

「人見知りだからうまく話せるかなあ…」

「初めての人に声をかけるのも緊張するなあ…」

「初対面の人と何を話せばいいのかわからないなあ…」

のような不安を感じている方も少なくないでしょう。

 

また、環境がさほど変わらない方でも人との会話は避けては通れないものです。

家族や友達、上司や部下、取引先や営業先、近隣の方々など

会話が必要となってくる場面はたくさんあります。

そんなときに上手な会話をすることができればどうなるでしょうか?

  • 自然と人が集まる人気者になれる。
  • 新しい友達ができる。
  • 人に愛される。
  • 上司や部下に信頼され認められる。
  • 取引先や営業先で名前を覚えてもらえる。
  • 交渉が成立する。
  • 近所の人と仲良くなれ良い人間関係が築ける。

などなど、その人にとって様々なメリットがあります。

上手な会話かどうかを決めるのは、その人の”話し方”や”伝え方”です。

これら2つを鍛えることにより、あなたの会話力はどんどん向上していきます。

 

「怒らせるつもりはなかったのに、相手に不快な思いをさせてしまった…」

「言いたいことが上手く伝えられなかった…」

「初対面の人と会話が続かないなあ…」

といった悩みは、すべて話し方や伝え方などの会話力を向上させることで解決できるはずです。

しかし、この会話力は受身的に誰かが教えてくれることではありませんし、なにもせずに向上するものでももちろんありません。

元々会話上手な人もいるかもしれませんが、多少なりとも練習や技術が必要になってきます。

 

これから何度かに分けて、”会話におけるテクニック”を紹介していきたいと思います。

このテクニックを身に付けて繰り返し実践してもらうことにより、あなたの周りの人間関係が激変するでしょう。

いきなり全て身に付けるとなると大変ですので、自分のできることからどんどんやってみてほしいです(^^♪

「あの人と話すと楽しい!」

「おしゃべり上手な人だなあ!」

と思われる人が一人でも増えてもらえると嬉しい限りです(*^-^*)

 

PR

 

聞き上手になることが第一歩!

上手な会話ができることの前提条件は”聞き上手である”ということです。

聞き上手な人にはどんどん話したくなりますし、自然となんでも話してしまいます。

ここで、聞き上手な人というのは相手が話していることを「うんうん」と相槌をただ打つだけの人のことではありません。

相手が気持ち良く話せる環境を作ることができる人のことを指します。

主体はあくまで相手であり、相手に対して意識を集中させることが大切です。

本当に話したいことは何なのか、

たとえば、一例を出しましょう。

 

Aさん「昨日彼氏と喧嘩しちゃったんだよねー。」

Bさん「えー?!そうなんだあ、なんで喧嘩したの?」

Aさん「実は彼氏が浮気してたみたいで、それを問い詰めてたら喧嘩になっちゃったんだよね。」

Bさん「浮気なんて最低だね!私の元カレも浮気してたみたいだけど速攻別れたよ!元カレもやっぱり遊び人だったし、そんな男はやく別れたほうが良いよ!」

Aさん「だよねー。でも、彼氏と別れて一人になるのも寂しいなあ。」

Bさん「そんなことないよ!私なんかここ2年ぐらいずっと一人だよ!それに、寂しくなったら私が遊んであげるじゃん!」

Aさん「ありがとう。そういってくれると嬉しいよ。」

Bさん「なにかあったらなんでも相談してよ!」

 

少し極端な例ですが、おそらくAさんはもう二度とBさんに相談することはないでしょう。(笑)

Bさんは話を聞いてくれているようで、結局は自分中心の返答しかしていません。

Aさんはもっと違うことを、深いことを話したかったかもしれないのにです。

この相手の話題を自分の話題としてすり替えることを”話題泥棒”と呼んでいます。(笑)

相手の目線に立ち、相手中心で会話をコントロールできる人が聞き上手な人です。

今度は聞き上手な人の会話を紹介しましょう。

 

Aさん「昨日彼氏と喧嘩しちゃったんだよねー。」

Cさん「それは大変だったね。どうして喧嘩したの?」

Aさん「実は彼氏が浮気してたみたいで、それを問い詰めてたら喧嘩になっちゃったんだよね。」

Cさん「そうなんだ、浮気されるって辛いよね。どうして浮気してるってわかったの?」

Aさん「女の人と歩いてるところを見たっていう友達がいてたんだ。」

Cさん「それを彼氏はなんて言ってるの?」

Aさん「ただの友達だって…。信じてあげたいけどやっぱり不安で…。」

Cさん「不安になるのもしょうがないよ。そういったことは前にもあったの?」

 

というように、辛抱強く相手の話を引き出すように会話を続けています。

このような会話では、基本的に相手が求めてこない限り自分の経験や意見は言わないほうが良いと思います。

男性と女性の場合では多少話が違ってきますが、相手の話を聞きつつ気持ちよく話せるよう誘導することができる人が聞き上手な人だと思います。

いかに相手を気持ちよくさせられるか、これはもはや接待に近いかもしれません(笑)

会話上手になるためには自分中心ではなく、相手中心で徹底的に聞き手に回ることから始めてください(^^♪

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。