なぜ、男性は女性の話を「つまらない」と感じるのか?

Pocket

男性は論理的に思考・行動する

女性の方で、男性と話をしているときに

 

「だからなに?」

「で、オチは?」

「結局何が言いたいの?」

 

というようなリアクションをされたことはありませんか?

そのたびに、

 

「どうしてわかってくれないの?」

「うまく伝わらないなあ…」

 

と悩まされているのではないでしょうか。

 

男性と女性では、考え方や行動の仕方が違うので、話し方にも違いが出るの至極当然のことなのです。

男性と上手く会話したければ、男性のことをより深く知る必要があります。

 

男性は古来、狩りに出かけ獲物をしとめることが最大の役割でした。

狩りをする際は、作戦を立てて計画的に行わなければいけません。

「あっちから回り込んで挟み撃ちしよう。」

「風向きが変わってきたから雨が降りそうだ。」

などといったように、目的達成のために論理的で正確な情報を伝達するような会話が求められました。

その際、会話の中には

「ライオン怖いよー、狩り行くの嫌だよー。」

というような感情的なことは話さないようにしてきました。

男性が感情的な共有を求めることは少ないのです。

 

元来男性にとって会話とは、目的を果たすための手段の一つにすぎません。

なので、女性の感情的な会話のときに

「この会話の目的は何だろう。」

というような思考が潜在的に生まれてしまいます。

そして、女性との会話の中で目的が見えてこないと、女性の話を”つまらない”と感じてしまうのです。

 

目的が見えていなくても、女性にとってはその会話や言葉の裏にある微妙な心理(女心)を読み取ってほしいという欲求があると思いますが、

残念ながら男性にとっては難しいことなのです( ;∀;)

 

PR

 

男性が求める会話や話し方

では、男性はどういった会話や話し方を求めているのでしょうか?

以下に箇条書きでまとめておきます。

  • 論理的である
  • 目標達成や問題解決など、なにか目的がある
  • 過程よりも結論を重視
  • データや情報を含んでいる
  • 回りくどくなく、直接的である

 

もちろん個人差はありますが、男性は上記のような会話を潜在的に求めています。

特にビジネスにおいては、これらのポイントを含んだ話し方をすると男性からは高評価を受けることができます。

どこかビジネス会話でのポイントと似ていますね(^^♪

 

なので、男性と話をするときは目的をはっきりと伝えて結論を明確にすることが望ましいです。

そのときに数字のデータや情報などが盛り込まれており、回りくどくなくストレートに伝えられるとなお良しです。

 

また、「好き・嫌い」「したい・したくない」「納得する・納得しない」といった感情的なことは最小限に抑えましょう。

特に、ネガティブな感情は極力出さないことが無難です。

 

感情を出すべきなのは、尊敬や称賛のときです。

男性は認められることがなによりも嬉しいのです。

「立派な人」「仕事ができる人」と言われるのが大好きで、

そうなるようにがんばってしまう生き物です。

いいところはどんどん感情的に褒めてリスペクトを示すと、

男性との人間関係はより良いものになるはずです(#^^#)

 

男性と女性は生き物として違うので、考え方や話し方も当然異なってきます。

大事なことは、お互いが違うということを認め合い、理解し合い、違うことを受け入れることです。

男性と女性両方の考えや気持ちを理解し、相手や場面に応じて話し方を変えることができる人が

話し上手な人であると言えるのではないでしょうか(^^♪

 

今回は、男性のことについて書きましたが、

女性の思考や行動に基づいた話し方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください(*^▽^*)

女性は感情的に思考・行動するよくドラマや映画などで、身支度を済ませ出ていこうとしている妻が夫に向かって、 「あなたって…結局なにもわかっていないのね…。」&...

 

PR

 

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。