なぜ、女性は男性に対して「この人、なにもわかってない」と感じるのか?

Pocket

女性は感情的に思考・行動する

よくドラマや映画などで、身支度を済ませ出ていこうとしている妻が夫に向かって、

 

「あなたって…結局なにもわかっていないのね…。」

 

というようなセリフを吐いて出ていくという場面をたまに目にします。

また、日常でも直接口には出さないけど男性に対して

 

「この人、なにもわかってない…」

 

と感じる女性も多いでしょう。

また、女性がそう感じていることに気付いていない男性も多いと思います。

原因は様々あると思いますが、会話を通して起こる原因を考えてみましょう。

 

感情的に思考・行動する女性にとって、会話を通して最も重要視していることは

”自分をわかってくれること”、”共感してくれること”です。

 

古来、女性は男性が狩りに出て行っている間、家に残り集落にいる他の女性たちと協力して

子育てや食事の用意、家事をすることが役割でした。

お互いが協力し合わないといけないため、とにかく仲良くなることがとても大事だったのです。

 

「今日は雨が降ってジメジメするわねー。」

「夫の帰りが遅くて心配だわ。」

 

というような何気ない会話を通して、お互いが共感して繋がることが重要なのです。

誰かが辛いときや悲しいときには、

 

「わかるわ。」「それは大変ね。」

 

というような感情的な結び付きから、お互い助け合って生きてきたのが女性です。

 

なので、女性は仲良くなるためのコミュニケーションは大の得意で、

男性が会話を目的達成のための手段と捉えることとは反対に、

会話すること自体が目的であることが多いです。

 

言い換えると、会話を通して問題解決や目的達成を意識しているのではなくて、

女性は会話による気持ちの繋がりやコミュニケーションを大事に考えているのです。

 

よって、女性との会話でオチを求めたり、結論を急いだり、求められてもいない解決策を提案することはナンセンスです。

筋違いの提案や助言をしたり、はたまた勝手に結論を出してしまうと

「この人…なにもわかってない…。」

と女性から思われてしまうのです。

 

女性が会話で重要視していることはその人との感情的な繋がりであり、その人とのコミュニケーションです。

会話の目的や結論やオチに拘らず、会話自体を楽しむことが女性との会話では大事ですね(^^♪

 

PR

 

女性の話し方や会話の内容

では、女性はどのような話し方や会話を行うのでしょうか?

以下に、いくつかポイントを箇条書きでまとめておきます。

  • 感情的な会話や話し方
  • 間接的な表現
  • 会話自体を大切にしている
  • 細かく説明したいため、言葉数も多め
  • 共感を求めていることが多い

 

個人差はありますが、潜在的に女性は上記のような会話や話し方をしています。

これらのポイントは、人間関係を築いていくうえで重要となるポイントと似ています。

女性が共感し合える仲良しグループを作るのが上手いのはこのためですね(^^♪

 

そのため、女性は仲間外れにされることを嫌う傾向にあります。

仲間外れにされないためにいろいろなことに気が回り、細かいことにも気付きます。

それでつい、

「今のはどういう意味だろう。」

と深読みしがちですので、言葉のチョイスには注意が必要です。

 

また仕事においては、共感するだけの存在では一目置かれることは難しいでしょう。

自分の意見があるときにはしっかり伝えないと”自分を持っていない人”と思われ、存在が軽視されてしまうかもしれません。

共感を求める女性に対しても、適度な意思表示が必要な場面もあることを忘れないでくださいね(^^♪

 

さらには、女性同士の会議や話し合いとなると、話題が二転三転したり脱線したりして

話しがまとまらないことが多いものです。

そんなとき、「本題に戻しましょう」「そろそろ話をまとめましょう」といった軌道修正をすることも大事になってきますね(^^♪

 

男性と女性では、思考や行動・話し方まで違ってきますが、

それぞれの特徴を知っておくことが大事になってきます。

男女両方のメリット・デメリットを把握して、

場面場面で使いこなすことができれば、有意義な会話をすることができるでしょう。

 

今回は女性の思考や行動・話し方について書きましたが、

男性の思考や行動・話し方を知りたい方は、こちらの記事もご覧になってください(*^▽^*)

男性は論理的に思考・行動する女性の方で、男性と話をしているときに 「だからなに?」「で、オチは?」「結局何が言いたいの?」 というようなリアクション...

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。