人生は30,000日…ドリュー・ヒューストン(Dropbox創始者)のスピーチが感動的!

Pocket

寒波の到来で寒さも厳しい今日この頃ですが、やはり寒いとなかなか布団から出られなかったり家から出るのが億劫になったりと、

なにかとサボりがちになりモチベーションも下がってしまいます。

また、常日頃から何か目標に向けてのモチベーションの維持とコントロールというのはなかなか難しいものです。

かくいう私もあらゆることに興味を持ちはしますが、なかなか続かずに自分に嫌気がさすことが今でもありますね(笑)

そんなときのモチベーションの維持のために自己啓発の本を読んだり瞑想したりといろいろ試みてはいます。

志の高い知人と話をするというのもとても有効だと思いますね!

「なんとかモチベーションを上げたい!維持したい!」と悪戦苦闘しています(笑)

 

本を読むのにもマンネリしてきていたので、YouTubeで著名人のスピーチを聞くということに少し前ハマっていました。

本屋さんで英語の勉強も兼ねてスティーブジョブズの演説の本を買ったのがきっかけでした。

活字で読むのも効果的ですが、動く映像で見て聞くというのがなんとも新鮮で心に響くものでした。

スタンフォード大学で行われた”Stay Hungry,Stay foolish”~貪欲であれ、愚か者であれ~というスピーチです。

ここでは深く紹介しませんが、こちらもとてもいい内容のスピーチですので是非一度ご覧になってみてください。

 

 

今回はそんなスピーチ動画を見まくっていたときに特に印象に残っているものを紹介します。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業式で行われたドリュー・ヒューストンさんによるスピーチです。

スピーチ内容の前にドリュー・ヒューストンさんの簡単な紹介をしておきます。

 

ドリュー・ヒューストン(起業家)

生年月日:1983年3月4日(33歳)

学歴:マサチューセッツ工科大学

2006年にマサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学およびコンピューター・サイエンスの学士号を取得。2007年、MIT同窓のアラシュ・フェルドーシと組み、後にDropboxとなるプロジェクトを開始。Fortune誌の「40歳以下の注目すべき40人」に選ばれ、2014年初めにはTechCrunch の「Founders of the Year」(年間創業者賞)に選出。

(引用元:イノベーター辞典)

 

今回のスピーチで彼は、「成功へのカンニングペーパーをプレゼントします」という導入で始めています。

そのカンニングペーパーに書かれていることは、「テニスボール」、「サークル」、「30,000」という3つの言葉だけ…

そして、このカンニングペーパーは彼が卒業式にもらいたかったものだと…

なお、今回はドリュー氏のスピーチ内容を要約・意訳して紹介しますので実際の彼の言葉とは少し違うものとなります。

生の彼の声を聴きたい方は上記の動画をご参照ください。

 

PR

 

成功へのカンニングペーパー

テニスボール

幸せで成功している人たちは「自分の好きなことをしている人」という訳ではありません。

彼らは「自分にとっての挑戦を攻略することに夢中になっている人」であり、その姿は「”テニスボール”を追いかける犬」によく似ています。

そのテニスボールを追いかける目には狂気が宿っているほどです。

リードを振り払って駆け出し、何があってもボールを追いかけます。

皆さんには”自分を惹きつけるテニスボール”がありますか?

ここで問題なのは、多くの人がすぐにはテニスボールを見つけられないことです。

 

人が一生懸命働けるというのは、人よりも優れているからという訳ではありません。

問題を解決するのが楽しいから一生懸命働くのです。

だから今からは自分を追い詰め一生懸命やるのではなく、自分を惹きつけるテニスボールを見つけるのです。

時間がかかるかもしれませんが、見つかるまでは自分の中の声に耳を傾け続けてください。

頭の中の小さな声が、1番正しいことを教えてくれます。

 

 

サークル

「あなたの価値は、自分と一緒に過ごす人の5人の平均値で決まる」とよく言われます。

あなたの”サークル”にいる5人は誰か、少し考えてみてください。

自分に刺激を与えてくれる人と一緒に過ごすということは、自分に才能があることや一生懸命仕事をすることと同じぐらい大切なことです。

あなたのサークルの人たちが自分を高めてくれるのです。

 

自分がどの道に進もうと、それは決して偶然ではありません。

その道には必ずその道の最高の人たちが集まる場所があり、その場所に行くべきです。

他の場所で落ち着いてしまってはいけません。

自分の尊敬する人たちと出会い、その人たちを自分のサークルの一部にするのです。

そして、彼らから多くのことを学んでください。

 

 

30,000

学び続けることは大事なことですが、「実際にする」ことが最も早く学ぶ道です。

なにか夢を持っていて、その夢のために一生かけて学び、計画し、準備しながら過ごすこともできます。

しかし、今皆さんがしなければならないのは「始める」ことです。

人生は30,000日(≒365日×80歳)しかありません。

あなたにはあと何日残っていますか?

準備をしている暇も、練習をしている暇もないのです。

リセットボタンもありません。

心配し過ぎたり、失敗を怖れて始めるのを遅らせてはいけません。

 

これからは幸運にも、失敗はそれほど大きな問題ではありません。

人生でたった1度、正しければそれでいいのです。

完璧な人生を歩むのではなく、冒険をするために自分を自由に、毎日を楽しいものに変えてください。

Excelsior(エクセルシオール)~常に向上心を持って~

 

PR

 

あとがき

要約した内容以外にも、実際のスピーチには彼の経験談がたくさん語られています。

”私がDropboxを立ち上げたときのことは今までの人生で一番興奮した、楽しくて満たされた経験であり、

それと同時に最も辛く、苦しく、恥をかき、イライラした経験でもある。”

とスピーチの中でも語られています。

楽しいことと辛いことはまさに表裏一体であると改めて感じさせられました。

 

私自身もう10,000日も過ぎている状態ですが(笑)、「まだ3分の2も残っているじゃないか!」と前向きにとらえて日々を過ごしていきたいと思います。

皆さんにはあと何日残っていますか?

悔いの残らぬよう1日1日を大切に過ごして、自分の物語を素敵に綴っていきたいですね。

 

ブログランキングに参加しています!

良ければポチっと押していただけると喜び爆発します(*^▽^*)


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。