【松岡修造】「『やればできる』は一番嫌い」その理由とは?

Pocket

PR

そして、松岡さんは共演者に対してこのようにいいます。

僕、感情論ってあんまり好きじゃなくて。

「やればできるんだ!」っていうのが一番嫌いなんですよ。

松岡さんといえば、「頑張れ頑張れ頑張れ!できるできるできる!」と力強く応援する印象が強い人。そのため、この言葉には戸惑う人もいるかもしれません。

感情論が苦手な理由について、松岡さんはこのように述べました。

どのようにしてやればできるかっていうのを、指導法含めてちゃんと分析してやるっていうのが、意外と好きなんですね

根拠もなく「やればできる」というのではなく、できない理由やできるようになる方法を考えて指導する…それこそ、効果のある指導法だと考えているのでしょう。

松岡さんが「できるできる!」と応援しているのは、それまで理論に基づいたしっかりとした指導を行っているからこそなのです。

https://grapee.jp/531209

 

精神論ではなく方法論を重んじているとは(゚∀゚)

熱血漢なイメージが先行していますが、実は理論派なんだと驚きました!

今思えば、精神論だけで錦織選手をはじめ数多くのテニス選手は育てられないですよね。

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。