【朗報】来季からJリーグの外国人枠が撤廃される可能性が浮上!

Pocket

PR

Jリーグの実行委員会が24日、都内のJFAハウスで行われ、外国人枠の撤廃について議論され、早ければ来季から導入する可能性が出てきた。

(中略)

現在、J1、J2、J3の外国籍選手枠は以下の通り(Jリーグ規約・規程集より抜粋)。

(1)試合にエントリーすることができる外国籍選手は、1チーム3名以内とする。ただし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手については、1名に限り追加でエントリーすることができる。

(2)登録することができる外国籍選手は、1チーム5名以内とする。

(3)Jリーグが別途「Jリーグ提携国」として定める国の国籍を有する選手は、前2項との関係においては、外国籍選手ではないものとみなす。

つまり(3)は実質的に日本人選手と同じ扱いとなり登録、エントリーに制限はない。この提携国枠に該当するのはタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8カ国。

現行の外国人枠の撤廃でリーグのレベルアップを推す意見が出た。

また、地元選手の登録を義務づける「ホームグロウン制度」についても意見交換した。

リーグと電通との契約が4年延長されたことも報告された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00279034-nksports-socc

 

これは!!!

今制限されている外国人枠が撤廃されれば、好きなだけ外国人をチームに加えられるという相当アグレッシブな改革です!

世界的に戦える日本人選手だけがJリーグで生き残れるという、国内選手にとってはよりシビアな環境になるでしょうね。

個人的には大賛成です!

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。