【W杯】物議を醸すポーランド戦…ブーイングの嵐で英BBCも批判

Pocket

PR

後半14分、日本は自陣中央付近でFKを与えると、ポーランド代表DFクルザワのボールにDFベドナレクが右足で合わせゴールネットを揺らし先制を許した。その後は最終ラインでのボールまわしをはじめ、無理に攻撃をしなくなった。

英BBC電子版は「日本は目的もなくパス回しをして奇妙だ。ブーイングも飛んでいる。セネガルが得点しない前提でのギャンブルだ」と批判した。

http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180629/jpn18062900560005-s.html

 

作戦として褒められるようなものではないですが、これが勝負の世界なのかもしれません。

ただ、前評判では「日本のグループリーグ突破は難しい」とどこもかしこも言っていましたから、この結果は素直に称賛すべきだと思います。

個人的には、引き続きワールドカップで日本を応援できることを嬉しく思います( ^∀^)!

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。