蚊に刺されやすい人の特徴

Pocket

PR

1.血液型がO型

刺されやすい仲間に暗闇の中で体育座りをしてもらい、その周りで他の人が網を振るだけで面白いように捕れると言い、そのおとりとなる人は必ずO型なのだそうです。蚊に刺されやすいのはO型の人だけで、他のA型、B型、AB型は横並びとのことでした。

2.お酒を飲んだ人

お酒を飲むと心拍数とともに体温が上がり、呼吸回数が増えるので、二酸化炭素の放出する量も増えます。当然ニオイも出てくるわけで、蚊が獲物を感知する3大要素である二酸化炭素、ニオイ、熱のすべてが強くなることが、その理由だとされています。

3.黒色の服を着ている人

蚊が動物の血をメインに吸っていた大昔、多くの動物は茶色やこげ茶色などの体毛で覆われていたため、蚊にとって濃い色はひとつの重要なマーカーだったそうです。しかし、人間には動物ほどの体毛がないことから、蚊にとって色はそれほど重要な要素ではなくなったと言われていますが、昔の名残なのか「色で比較すると黒に寄ってきます」と嘉糠さんは話してくれました。

引用URL:https://tfm-plus.gsj.mobi/news/O8iI07umcQ.html?showContents=detail

 

血液型はO型が特に刺されやすいみたいですね(^_^;)

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。