【超ストレス解消法】自分を「壁に止まったハエ」だと思うとストレスが軽減?!

Pocket

PR

他人に激しい怒りを感じたときにぜひ試してほしいテクニックがある。「フライ・オン・ザ・ウォール」だ。その方法は奇妙でヒジョーにシンプル。

なにかイヤなことが起きたら、自分のことを「壁に止まったハエ」だと想像してみる

たったこれだけ。しかし、なぜこんな方法がストレス解消法につながるのか。ちょっと自虐的で悲しい。せめてカナブンあたりにならないものか。

本書によると、自分をハエだと思うことで現在の体験と感情の間に距離感が生まれ、ネガティブな思考に流されにくくなるのだそうだ。

このためハエのイメージでなくても、「自分を見つめるもう一人の自分」「自分を見つめる空に浮かぶ雲」など、目の前の状況を外側から見られる視点を作ることができると、怒りを抑えられるという。なるほど。じゃあハエじゃなくて、自分のことを「壁に止まった絶世のイケメン」で想像してみようかなぁ……。

http://news.livedoor.com/article/detail/15133401/

 

あまり聞いたことない方法でビックリ!

フロイト精神分析の防衛機制に当てはめると、『隔離』に似ていますね。

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。