アキュビューⓇのCM曲で話題のMACOって誰?!プロフィールやおすすめ曲などを紹介!

Pocket

PR

最近テレビやネット、街のいたるところでよく耳にする曲があります。

そしてなぜか耳に残りモヤモヤしていましたが、ついにその曲の正体がわかりました!

 

アキュビューⓇのCMで流れている『恋するヒトミ』という曲でした!

このCMは最近ではテレビ以外でもYouTube動画の広告で流れてたりしていますね♪

皆さんも一度は見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか(^_^)

 

曲だけを聞いたときは、

 

「西野カナの新曲が使われているのかな?」

 

と思いましたが(MACOさんファンの方すみません!)、調べてみると歌手の名前がMACOとなっていました…

 

「MACOって誰やー!!」

 

と無知な私はMACOさんのことを存じ上げていませんでした(;・∀・)

と同時に、

 

「この曲はブレイクする!!」

 

と直感的に思いました。

 

個人的には西野カナのファンなので、少し敵対心を抱きつつ(笑)

気になるMACOさんについていろいろ調べてみました(゚д゚)!

 

今回は、このMACOさんについて調べたことをまとめていきます(^^♪

 

PR

 

 

プロフィール

生年月日:1991年5月10日(26歳)

出身地:北海道函館市

本名:非公開

 

2014年7月にユニバーサルミュージックからメジャーデビューしており、ミニアルバム『23』をリリースしています。

ユニバーサルミュージックと言えば、国内の外資系レコード会社では最大手であり、名だたる有名アーティストの方が在籍されております。

このミニアルバム『23』がオリコン週間ランキングTOP10入りし、iTunesで総合1位を記録しました。

また同年のレコチョク年間ランキングの新人部門1位に輝き、第29回日本ゴールドディスク大賞の新人部門でも受賞を果たし、名実ともに日本のトップシンガー・ソングライターの仲間入りとなっています。

 

さらに、2015年にリリースした1stフルアルバム『FIRST KISS』がiTunesとレコチョクで総合1位、オリコン週間ランキングで自身初のTOP5に輝きました。

続いて、2016年には2ndフルアルバム『love letter(通常盤)』をリリースし、2作連続オリコンチャートTOP10入りを記録しました。

 

ラブソングを中心に自身で作詞した歌詞がリスナーの共感を呼び、その繊細で力強い歌声で、今では10代から20代の女性を中心に絶大な人気を誇っています。

今まで知らなかったのが恥ずかしいぐらい、MACOさんって有名なアーティストだったのですね( ;∀;)笑

 

PR

 

メジャーデビューのきっかけはYouTube?!

2014年にメジャーデビューしたMACOさんですが、そのきっかけとなったのはなんとYouTubeだったようです!

MACOさんはご自身のチャンネル『MACO_CHANNEL』を開設されており、2013年11月から洋楽のカバーを中心に動画投稿をされていました。(それ以前のものはデビューをきっかけに消されているかもしれません。)

投稿された動画の中で、テイラー・スウィフトの『We Are Never Ever Getting Back Together』を日本語訳カバーして歌った動画が話題となり、現在では1500万再生を突破しています。

テラスハウスのオープニング主題歌としてでも有名な曲ですね(^^♪

こちらのカバー曲はテイラー・スウィフト本人からの公認を得ており、ミニアルバム『23』では「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」というタイトルで曲が収録されています!すごい!

 

またMACOさんのYouTubeクリエイターとしての活躍が評価され、2016年には「好きなことで、生きていく」キャンペーンでMACOさんが紹介されました。

YouTubeをきっかけにメジャーデビューするとは、なんと夢のある話でしょう(*^▽^*)

絵にかいたようなシンデレラストーリーで、今やYouTubeの影響力は計り知れないですね!

もちろん根底にはMACOさんの地道な努力があってのものでしょう(^^♪

西野カナさんのファンである私ですが…、グググ、これは応援せずにはいられない気持ちになってきました(゚д゚)!

 

 

2017年第1弾シングル『恋するヒトミ』リリース!他におすすめの曲は?

恋するヒトミ

話は冒頭に戻って、先日の2017年5月17日に新曲『恋するヒトミ』が発売されました。

そのミュージックビデオがYouTube公式チャンネルにアップされています。

この動画の概要欄にMACOさん本人のコメントが紹介されていました。

恋する女の子を後押しするような応援歌です。いままで自分自身の実体験を歌詞にすることが多く、誰かを応援するというテーマに挑戦するのは初めて。歌っていて自分自身も励まされるような歌詞が書けたと思います。ミュージックビデオには、たくさんの恋する女子たちに参加してもらいました。みんなの優しくて強い表情に注目してみて欲しいです!

なるほど。MACOさん自身の実体験がそのまま歌詞となり、そのリアルな女心や心情の変化を綴っていることから多くの女性から支持されているのですね(^^♪

 

という訳で早速MACOさんの曲を一通り聞いてみました!(笑)

その中でおすすめのものをいくつか紹介します(^_^)

 

ありがとう

動画の冒頭の通り、MACOさんご自身が病気で友達を亡くされたという実体験をもとに曲が作られています。

そのまま聞いてももちろんいい曲ですが、そういった背景を知って曲を聴くとより一層心に響いてきます。

 

うれし涙

個人的に1番おすすめの曲です!

落ち込んでいるときや悲しく沈んでいるときに周りの人たちの存在に気付かさせてくれるような、もう一度立ち上がれるような気持ちにさせてくれる曲です(^^♪

この曲の歌詞に”世界中から嫌われている気がしても”とあるように、MACOさんは少しネガティブなところがあるのかもしれませんね。

 

LOVE

この曲は記念すべきMACOさんの1stシングルです。

照れくさくて言えないような純粋な恋する女心をポップなメロディーで歌った曲で、共感する女性も多いのではないでしょうか(^^♪

女心がわからなくて悩んでいる男性にも是非聞いてほしい曲ですね。

 

幸せのはじまり

タイトルや歌詞の”パパとママにありがとう”にあるように、結婚式での新婦の目線で作られた曲のような気がしますね(^^♪

新婦の方にとっては感情移入しやすい歌詞なので、結婚式のBGMにはピッタリの曲です。

 

 

まだまだたくさんありますが、恋愛系の曲が多いですね(^^♪

歌詞もストレートで共感しやすく、女性のファンが多いのも頷けます(*^▽^*)

 

PR

 

彼氏はいるの?!

上記で紹介した新曲の『恋するヒトミ』のミュージックビデオを見ていて気になったことがありました。

それは、

 

「MACOさんの左手の薬指に指輪が…!!」

 

とてもお綺麗な方ですし、まあ彼氏さんがいたとしてもなんら不思議ではないですが

いるとしたらどんな人なのか?有名人の方では?と気になったので調べてみました。

すると、こんな記事がありました。

歌手として活動するmacoさんの彼氏がHey Say JUMPの高木雄也さんではないかと疑惑の目が向けられてい…

 

どうやらHey Say JUMPの高木雄也さんとの熱愛疑惑があるようです。

2ショット写真などまだ決定的な証拠はないようですが、上記リンクによるとかなりの確率で交際しているのではないかとのことです。

噂のお相手がジャニーズということで風当たりも強いのではないのでしょうか(;^ω^)

 

 

あとがき

今回は、アキュビューⓇのCM曲を歌っているMACOさんについてまとめてみました。

最初は「西野カナに曲調と声がそっくりだ!」と思ったのと、このCM曲が妙に耳に残ることから調べてみましたが、誰かと比較することはお門違いだと思いましたね(;^ω^)

調べていく中で曲を聴いたり歌詞を見たりして、私もMACOさんのファンになりました(*^▽^*)

MACOさん自身の曲も歌詞も本当に素晴らしいですし、自分の思いを歌にしてそれを多くの方に聞いてもらえていること自体すごいことです。

5月28日(日)福岡から始まる初の全国ツアー”今日もあなたに恋してます TOUR 2017″が開催されるということで、これからの活躍を応援したいアーティストの一人になりました(#^^#)

『恋するヒトミ』が大ヒットするのではないか!と個人的に予想しているので、オリコンチャートも要チェックです(゚д゚)!

 

 

余談になりますが、MACOさんを調べている中でたまたま見つけた西野カナさんの動画がすごいと思ったので紹介します。

カナやんも歌ってたんですね!

この曲をきっかけにお二人がデュエットしてほしいと影ながら期待しています(≧▽≦)!!

また、西野カナさんについてはこちらの記事もご参照ください♪

「女心を理解する」とは男性にとっての永遠のテーマであり、出口のない迷路のようなテーマでもあります。 男性の皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか?...

 

PR

 

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。