「火星で液体の水を確認」米誌が論文を発表!

Pocket

PR

  アメリカの科学雑誌「サイエンス」が25日、火星で液体の水の存在を確認できたとする論文を発表した。火星ではこれまで水が流れた跡は確認されているが、液体の水が存在することが確認されれば初となる。

(中略)

論文では、今回発見された水は「冷たく塩分濃度が高いため、生命の存在には適していない」とする一方、「今後は、生命の存在が可能な水の探索に弾みがつくだろう」としている。一方で同じ研究グループの中からは、分析が不十分で「まだ大発見と言うには早い」と疑問視する声も出ている。

http://www.news24.jp/articles/2018/07/26/10399711.html

 

まだ分析が不十分な発見のようですが、夢が膨らむ発見です!

個人的に胸熱!

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。