【西日本豪雨】被災地支援における「善意」とは何か?

Pocket

PR

「私たちも生活支援、生活再建、しっかり支援していきますから」――2018年7月11日、平成30年7月豪雨に見舞われた岡山県を視察した安倍晋三首相は、住民にこう語りかけた。

記録的な大水害の発生から、5日が過ぎた。首相は「しっかり支援」と宣言したが、地元ではいったい何が必要とされているのか。

(中略)

「尚」さんから、こんな話があった。テレビがようやく復旧した際の、「近所のおじいさん」のことだ。

最初はとても喜んでいたこの男性は、ニュースを見るうちにすっかり落ち込んでしまったという。どこの局も繰り返し、地元を見舞った水害の「悲惨な映像」を流しているからだ。その効果に一定の理解を示しつつも、こうした報道が「あまりにも私たちの心を折る」と「尚」さんは言う。

決して「大きな町じゃない」真備町で、「昨日まであったもの」が「町単位」でなくなった辛さ。町のこれからへの、見通しの立たなさ。不安を抱える「尚」さんだが、「伝えてほしいこと」を尋ねると、仮設トイレの設置や水道の復旧が進みつつあることに触れ、「あとは私たちが頑張るだけです」として、このように記していた。

「最初に流れた水没した映像に踊らされず、必要以上の同情を持たず、必要以上の義憤に駆られず、町が立ち直った時に、真備町や倉敷市でお金を落としに遊びに来てほしい、ということです。皆さんの善意が必ずしも私たちのためになるわけではないと、心のどこかに留め置いてほしい、ということです」

https://www.j-cast.com/2018/07/11333634.html?p=3

 

「皆さんの善意が必ずしも私たちのためになるわけではない」

善意とは何か、考えさせられる言葉です。

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。