【天体観測】7月31日に火星が大接近!スーパーマーズが見れるぞ!

Pocket

PR

 火星は、約2年2ヵ月の周期で地球への接近を繰り返しています。月が地球にもっとも近づくタイミングで満月になると「スーパームーン」と呼ばれて注目を集めますが、実は火星も地球に最接近して「スーパーマーズ」になるわけです。その現象が起こるのは、2018年7月31日。しかも2003年以来、15年ぶりの「大接近」になります。

(中略)

しかし今回、火星と地球の距離は約5800万kmまで縮まって「大接近」となるのです。火星の接近は約2年2ヵ月ごとにめぐってきますが、大接近となると約15年~17年ごとになります。ちなみに次回の大接近は、17年後の2035年! だから今年のチャンスを逃してほしくはないのです。

けれど……火星を見るチャンスは、大接近する7月31日だけではありません! 最近、真夜中に南の空を見上げると、とても明るく、赤っぽく輝いている星が目に飛び込んできませんか? 実はそれが火星です。地球に刻々と接近している今も、そして大接近日が過ぎても、しばらくは見頃が続き、9月上旬までは大接近日に劣らない輝きを放っています。

7月31日前後は真夜中に、8月中旬は21時頃に、9月上旬は20時頃を目安に南の空を見上げると、火星をとらえることができるはずです。

https://www.mylohas.net/2018/07/171547mars.html

 

スーパームーンならぬスーパーマーズ!

今日明日の真夜中は南の空を観察してみましょう( ^ω^ )

 

PR

Pocket

なんでもコメントお願いします!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。