スポンサーリンク
[ad#co-1]

 この一戦を英公共放送『BBC』はどう報じたのか。「戦士の気質を示した」とサムライ戦士たちに賛辞を贈った。

「日本の2ゴールはいずれも圧巻だった。とくにイヌイのそれはかなりブレていて、グレイトと言うほかない。彼らはベルギーの攻撃に釘付けとされた後も、何度か攻め入って、戦士の気概を示した。今大会はこれまでのワールドカップの中でも、驚異的な大会だ。誰もが延長戦にもつれ込むと考えていたなかでドラマが起きた。日本には心の底から同情する。だが、フットボールは勝利がすべてだ」

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=43357

 

 英BBC局は「マジカルな試合」と表現。同局はポーランド戦終盤の日本のボール回しを酷評していたが、イングランド代表以上の“プレミアリーグオールスター”という顔ぶれの優勝候補を追い込んだ日本の奮闘を「なんという試合。アメージングな逆転。アメージングな決着。しかし日本のハートブレイク」と表現した。

 世界からは大会ベストマッチに推薦する声が多数。直前に行われたブラジル―メキシコ戦で、FWネイマール(パリSG)の大げさな痛がり方が非難のやり玉に挙がっていたこともあり、汚いプレーもなく、VARの出番がなく、ひたむきに互いにゴールを追い続けての劇的な決着が称賛された。

https://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180703-OHT1T50081.html

 

ポーランド戦を痛烈に批判していたBBCですが、「それはそれ、これはこれ」と切り返しがキレキレですね(^_^;)笑

評価するところはしっかりと評価するという姿勢は個人的に好きです!

 

後半14分、日本は自陣中央付近でFKを与えると、ポーランド代表DFクルザワのボールにDFベドナレクが右足で合わせゴールネットを揺らし先制を許した。その後は最終ライ...

 

[ad#co-1]
スポンサーリンク
おすすめの記事