スポンサーリンク
[ad#co-1]

  まずは自治体が作成したハザードマップをもとに、日頃から避難先や避難経路などを具体的に考えておくことが大切だ。気象庁が発表する警報、自治体による勧告・指示に注意を払い、早めの避難行動を取る。

避難の際は道路の冠水を想定し、脱げやすいサンダル、長靴などをはかない。歩行できる水位の目安はひざ下とされ、水流があると、子供では20センチ程度の深さでも自由に動けなくなる恐れがある。複数で行動するように心がける。

https://www.sankei.com/affairs/news/180707/afr1807070021-n1.html?utm_medium=app&utm_source=smartnews&utm_campaign=ios

 

適切な対応や対策で被害を最小限に。

 

[ad#co-1]
スポンサーリンク
おすすめの記事