スポンサーリンク

1970年代、お茶の間の少年たちを興奮の渦に巻き込んだ元祖ロボットアニメ「マジンガーZ」が45年の時を経て映画化されることが決まりました!

東映アニメーション製作で、公開日や詳細はまだ発表されていません。

公式サイトでは、炎が燃えたぎった真っ赤なブレストファイヤーのイメージグラフィックが公開されています!

関連リンク:映画「マジンガーZ」公式サイト

作者である永井豪さんの作品はこれまでもいくつかアニメ・実写映画化されています。

今回はマジンガーZも含め、永井豪さんのほかの作品も紹介していきたいと思います。

 

[ad#co-1]

 

永井豪氏原作の作品まとめ

マジンガーZ

©永井豪/東映アニメーション(以下、参考・画像引用元:東映アニメーション)

ロボットアニメの金字塔とも言える作品!

主人公の兜甲児が祖父から受け継いだ巨大超合金ロボット・マジンガーZに乗り込み、世界征服を企むDr.ヘル率いる機械獣軍団と戦うというストーリです。

ロケットパンチやブレストファイヤーなど、当時の少年たちの胸を熱くする必殺技があります。

   

©永井豪/東映アニメーション

YouTubeの東映アニメーション公式チャンネルでは1話だけですがアニメも公開されています!

 

また、歌手の水木一郎さんが歌うオープニング曲も有名ですね!

40代後半から50代の方はカラオケでついつい歌ってしまうのではないでしょうか♪

 

 

デビルマン

©永井豪/東映アニメーション

巨大変身ヒーローものとしては当時のテレビアニメでは初の作品です!

主人公の不動明が父とともにヒマラヤを探検していたとき、悪魔・デーモン族に命を奪われてしまいます。

そのデーモン族の英雄の一人であるデビルマンは、不動明の体を乗っ取り人間界を制圧するため日本に送りこまれます。

しかし、そこで不動明のいとこである牧村美樹と出会い、彼女に心を奪われてしまいます。

デビルマンはデーモン族を裏切り、美樹を守るため襲い掛かるデーモン族と戦うというストーリーです。

こちらもYouTubeで1話が公開されています。

アニメは少年向けのなかなかポップな内容に仕上がっていますが、漫画のほうのデビルマンはアニメと違い哲学的な内容で大人の方におすすめです!

文庫版だと4巻完結なのでサクッと読めます。

【在庫あり/即出荷可】【新品】新装版 デビルマン [文庫版] (1-4巻 全巻) 全巻セット

何が正義で何が悪なのか、本当に大切なものは何なのか、いろいろ考えさせられる作品です。

また、デビルマンも2004年に実写映画化されていますが評判はそこまで良くなかったようですね(笑)

参考URL:映画「デビルマン」は本当にダメ映画なのか?

マジンガーZの映画もデビルマンのような評判になってしまうのでしょうか?

両者とも原作が素晴らしいので、マジンガーZの映画では成功することを願って止みません。

 

 

キューティーハニー

©永井豪/東映アニメーション

こちらもある意味、当時の少年たちを興奮の渦に巻き込んだ作品と言えるでしょう!(笑)

主人公の如月ハニーは、魔女であるパンサー・ゾラを首領とする犯罪組織、パンサー・クローにより父親の如月博士を殺されてしまいます。

彼女らが探し求めていたものは、如月博士の開発した空中元素固定装置で、空中の元素を取り込み、宝石や貴金属などありとあらゆるものを生成できます。

実はこの装置、如月博士のつくりあげたスーパーアンドロイドであるハニー自身の体内に隠されていたのです!

空中元素固定装置を使って思いのままに変身することができるようになるハニーは、ハリケーンハニー、フラッシュハニーなど数々の変身で敵に気づかれずに活躍します。

そして、戦闘スタイルであるキューティーハニーの力で、襲いかかる戦闘アンドロイドと戦っていくというストーリです。

 

キューティハニーは、2004年に佐藤江梨子さん主演で、2016年には西内まりあさん主演で映画化されています!
   

 

また、2006年から2007年にかけては原幹恵さん主演でドラマ化もされており、世代を超えて度々リメイクされている作品になっています!

 

皆さんは誰のキューティハニーがお好みでしょうか?

 

また、佐藤江梨子さん主演の映画では、主題歌を歌手の倖田來未さんがオープニング曲をカバーして歌っており話題になっていました!

この歌で倖田來未さんの知名度が爆発的に上がったと私は思っています(笑)

 

[ad#co-1]

 

あとがき

今回は永井豪さん原作の作品をメジャーなものを中心に紹介しましたが、永井豪さんの漫画やアニメは後の数々の漫画家やアニメイターの方に影響を与えています。

あまり知られていない作品で、特にホラー漫画では面白い作品も多いという評判です。

また、今回の東映アニメーションさんによるマジンガーZの映画化で、当時の少年たちに与えたセンセーションのようなものを現代の少年たちや当時少年だった大人たちに与えてくれるのではないかと思います。

続報と公開が楽しみです!

 

ブログランキングに参加しています!

良ければポチっと押していただけると喜び爆発します(*^▽^*)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事