スポンサーリンク
[ad#co-1]

6月18日に発生した大阪北部地震。震度6弱を観測したこの地震の影響で、一部地域では、水道管破損に伴う断水が起きた。ネットでは震災が起こった時の対処法や経験談などの情報が多く発信されたが、中には鵜呑みにするのは気をつけた方がいい情報もあるようだ。

SNSでは特に断水時のトイレの対策について「トイレ用の水をためておく」という投稿が多かった。使い方については「バケツやペットボトルに水を入れて流す」という声がある一方で、「貯め置きの水をタンクに入れて、普通に流す」という声も上がっていた。

実際、断水時のトイレの処理はどのようにすればいいのだろう。TOTO公式サイトには「断水時のトイレの使用(洗浄方法)について」というページがあり、「バケツ等で水を流し込んでください」と記載されている。

災害発生後はまず排水管などが破損していないかを確認した上で、床に新聞紙や雑巾を敷く。便座・便ふたを開け、水飛びに注意しながら便器ボウル中央をめがけバケツ1杯分(6~8リットル程度)の水を勢いよく流し込む。

その後、さらに静かに3~4リットルの水を流す。また排水管の途中に汚物が停滞することを防ぐため、2~3回に一度は、多めの水(10~12リットル)を流すことも必要だ。種類によって多少必要な水量は変わるが、多くの場合「ごぼっ」という音がすれば流れた証拠となる。

さらに、断水時のトイレの注意点については「タンクへ直接水を入れることは避けてください」としている。同社広報担当は「通常時は、タンクに貯められた水だけでなく給水された水も含めて洗浄に使われており、タンク内の水だけでは洗浄不良や詰りの原因になることがあります」と話す。

https://news.careerconnection.jp/?p=55648

 

被災して一番苦痛なことは断水によってトイレが流れないことだと言われています。

水を貯め置きしておくと共に正しい対処が必要です。

 

PR

 

[ad#co-1]
スポンサーリンク
おすすめの記事