スポンサーリンク
[ad#co-1]

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、想定以上の津波に襲われ防波堤を越え山地や奥地にまで被害が及びました。

かつて津波の被害を被らないであろうと予想されていた地域にまで被害が及び、日本中いや世界中に衝撃を与えました。

被害の要因としては、この”想定の甘さ”が一因だと言えます。

「自分のいるところは大丈夫」

「ここまでは津波は来ないだろう」

という不確かな判断が避難を遅らせてしまった原因の一つなのではないでしょうか。

 

では、どのようにして判断すれば良いのか?

その判断材料の一つとなり得るのがFlood Mapというサイトです。

こちらのサイトは海面上昇による浸水被害領域を地図上に表してくれるサイトです。

サイトの左上に海面上昇値を選択できるところがあります。

次の画像では、試しに私が住んでいる近畿圏内で+0mを選択しています。

では、東日本大震災で起こった津波の高さ(約16.7m)に一番近い+20mを選択してみましょう。

青い水域が被害を受けると想定される場所ですが、地形によってはかなり内陸にまで及んでいます。

ここで、大都市が多い大阪に拡大して見てみましょう。

普段人で賑わう難波や梅田はほぼ完全に水没してしまっています。

これを見るだけでも、東日本大震災の津波の大きさを感じることができます。

PR

 

それでは、南海トラフ地震が発生した時の津波の被害はどうなるのでしょうか?

気象庁のHPでも南海トラフ地震による津波の想定がされていますが、大きくて20mのようです。

今回は想定以上ということで、+30mにしてみます。

大阪は半分ほどが浸水しており、東海地方では名古屋のさらに奥まで浸水が進んでいます。

 

南海トラフ地震でこれほどの津波が発生するかはわかりませんが、大事なことは

「現状をしっかり把握しておく」

ことだと思います。

自分のいる場所は危険なんだという認識を持つことで、地震発生後の対応も正しく行うことができます。

是非、皆さんもご自分の地域がどれぐらいの被害を受け得るか確かめてみてください。

 

また、スマホのアプリでもその場の標高(海抜)が簡単にわかるアプリ「標高わかーる」というものもありますのでこちらもご活用ください。

iOS/Android

 

日本に住んでいる限り地震の被害は避けて通れないものです。

確かな情報と適切な対策で、これからの大地震の被害を少しでも食い止めましょう!

 

PR

スポンサーリンク
おすすめの記事