スポンサーリンク
[ad#co-1]

実際に被害に遭わないために緊急時はいち早く避難したいところですが、そんなとき気になるのが自治体が出す「避難指示」や「避難勧告」、それから「避難準備情報」といった情報です。果たしてその違いは?

古賀は「最も優先度が高いのが避難指示です。人的被害が出る可能性が非常に高まっているか、もう人的被害が出ているときに発表されます。その次が避難勧告で、人的被害が出る可能性が高まっています。避難準備情報は、介助や手伝いが必要な方にいち早く避難の必要を伝えるためのものです」と解説。

https://tfm-plus.gsj.mobi/news/QXR7wrygFd.html?showContents=detail

 

状況によりますが、「避難指示」が出た時点で避難を開始する準備ができていることが望ましいです。

また、勧告・指示より強い表現に「命令」が挙げられますが、強制感が強くなってしまいます。

難しい言葉を使うよりも、

「土砂崩れが起きます。逃げて下さい。」

のような具体的でわかりやすい方が良いのかもしれません。

 

[ad#co-1]
スポンサーリンク
おすすめの記事